企業の社会的責任

社会の福祉と向上に向けて
CSR

当社は地域社会の一部として、その向上のために価値と富を創出しています。

企業が人によって成り立つことを念頭に置き、当社は人間の幸福と向上のために働くことに意欲的に取り組んでいます。したがって、企業の社会的責任は、企業が最も真剣に取り組む必要のある重要な分野です。

当社の会長であり医学博士でもあるアジャイ・クマー・グプタ(Ajay Kumar Gupta)氏は、Bhilai Institute of Technology(BIT)の設立者でかつ援助資金供与者でもあります。BIT Durgは、1986年に著名なBSBKグループの創始者である父セテ・バルクリシャン・グプタ(Sate Balkrishan Gupta)を追悼するため設立されました。同氏は偉大な実業家であり、社会活動家でした。BITは、以前のマディヤ・プラデシュ州の最初の自己資金によるエンジニアリング・カレッジです。 BITは現在、地域および国の技術教育および研究の先駆的機関になっています。研究所はBITトラスト(非営利の信託)によって管理されており、兄弟であるクルップ・クマー・グプタ(Kuldip Kumar Gupta)がマネージング・トラスティーを務めています。

会社が注力している定期的なCSR活動は次のとおりです:

グループ従業員の定期健康診断

複数の健康診断キャンプが有力な病院と提携して従業員とその扶養家族の福祉のために頻繁に組織されています。

寄付とスポンサーシップ

  • 社内外の恵まれない学生のための寄付とスポンサーシップ。
  • Ekatra芸術文化協会とShriramBharatiya Kala Kendraへのコーパス寄付。

BKSDの慈善信託および社会福祉活動

  • この信託は、財政的に安定していない学生の健康と教育を支援し、援助するため、1990年にアジャイ・クマー・グプタ(Ajay Kumar Gupta)氏によって設立されました。この信託は創業以来経済的に困窮している人々を積極的に支援してきました。
  • 信託は、恵まれない子供たちを教育する任意団体であるDeepalaya、Janakpuriを通じて、毎年1人の子供の教育を支援しています。
  • また、この信託は、2005年以降毎年ニューデリー春夏季学校の2人の女性学生に年間奨学金を提供しています。
  • グレーターノイダのノイダ国際大学で毎年エンジニアリング研究を完遂すべく努力する少なくとも1人の貧しい学生に援助を提供しています。

芸術へのCSR

当社は、芸術と文化に強く傾倒しています。 特に、国益のために現代インドの芸術と文化を推進すべきであると確信しています。また、才能のあるアーティストや美術家が脚光を浴びることのできる機会を創出したいと考えています。

当社は長年にわたって様々なフェスティバルや展覧会を開催し、その国の芸術や文化を促進してきました。主催したイベントのいくつかは次の通りです -

  • 2006 年にはヒマチャル・プラデーシュ州バログにアートキャンプを組織し、全国の15人のアーティストが参加しました。イベントの詳細は日刊新聞DainikJagranに掲載されました。
  • 2007 年には同じイベントがヒマチャル・プラデーシュ州バログにおいて全国の15人の新人アーティストによって開催されました。このイベントは、インドのアートサークルによって広く認められました。
  • 2008 Lalit Kala Akademiのギャラリーで2008年にアート・エキシビジョン「Awakening the Spirit」を開催。この展覧会では、2006年と2007年に開催されたキャンプの間に完成した作品を展示しました。この展覧会は、鮮やかで華やかで美しい芸術作品展示会として賞賛を受けました。
  • 2011 年には、デリーカレッジオブアートの学生のためのアートキャンプを開催しました。このキャンプは、ヒマチャル・プラデーシュ州バログに組織されました。このキャンプの主な目的は、国の若い才能を促進し、インド芸術、モダンアート、コンテンポラリーアートに触れる機会を学生たちに提供することでした。キャンプの間に作られた作品/絵画はトリヴェニ・アート・ギャラリー(Triveni Art Gallery)で展示され、人々からの高い評価を受けました。

環境保護に対するCSR

  • MacawberBeekay社は、健全な環境が健康的な生活に不可欠であると強く確信しています。したがって、当社は産業活動が環境に及ぼす影響を減らすために必要な措置を講じています。環境への有害な影響を減らすために工場からの排出物を定期的に確認しています。特に当社では、環境をクリーンかつ健全に保つため、いくつかの従業員の意識向上プログラムを実行しています。
  • また、随時水のサンプルを検査することにより、水質汚染の抑制に関する定期的な確認を行っています。また、水の消費量も確認するとともに、当社敷地内の水の浪費や使用を制御する計器を設置しました。当グループのすべての工場および事務所には、地下水を補填するための雨水採取システムが設置されています。
  • 私たちはまた、環境を健康に保つために、ほこり、臭い、および音の局所的な放出を維持します。
  • また、当社では環境を保護するために、塵埃、臭気および騒音の現場での排出を抑制しています。MacawberBeekay社は「グリーン環境、クリーン環境」の重要性を強く認識しており、そのためにオフィスの構内にグリーンパッチを設けています。また、定期的にCO2排出量を監視し、随時制御しています。省エネルギーは、グループのCSRリストの重要な優先課題でもあります。当社では、太陽熱温水ヒーターを使用しており、できる限り再生可能エネルギー源を使用するよう努力しています。

その他のCSRキャンペーンには以下が挙げられます:

  • 当社と従業員は、カールギル紛争で命を奪われた勇敢な兵士の家族への福利厚生の一環として、1999年7月にニューデリー陸軍福祉基金に一日の給与額相当分を寄付しました。
  • バンガロール(Bangalore)のSriRajarajeshwari Charitable Hospital Trustに対する財政的支援。この信託は、貧民と貧困層の人々の疾患を無料で治療することを目的としています。
  • 恵まれない子供たちを飢えや栄養失調から解放するために活動しているISKCON食糧援助財団への寄付。
  • Noida JaiprakashSevaSansthanの一部への積極的な寄付。Sansthanは、社会経済開発のために活動しており、社会における苦痛と経済的困窮を軽減することを目的とする非営利団体です。
  • Ashrey, Hari Nagar, Badarpur, New Delhiの学校の生徒たちの栄養状態の改善と健康診断を無料で行っているRotary Club of Delhi, South East ファンドへの寄付。
  • さまざまな社会福祉活動に取り組むロータリー財団(インド)に寄付しました。
  • さまざまな社会福祉活動に携わるロータリー財団(インド)への寄付。HCRA(障害児リハビリテーション協会)への毎年の寄付。
  • 2013年の大洪水災害で前例のない苦しみを経験したUttarakhandの犠牲者を支援するために、大臣救済基金に寄付金を拠出しました。当社の従業員も同じ理由で1日分の給料相当額を寄付しました。

話さなければなりませんか。

あなたはあなたが私達に連絡したいと思うプロジェクトや協力を持っていますか、それとも私達があなたを助けることができるかについてもっと知りたいのなら、あなたからの連絡をお待ちしています。

C-450-451, Sector - 10
Noida - 201 301 (UP) India
www.mbl.in

Get Direction