灰スラリー処理システム

高濃度で汲み上げるので、水の消費量が少ない
ASHS

リーンスラリー処理システム&アッシュウォーター回収システム

リーンスラリー処理システムおよびアッシュアッシュウォーター回収システムは、様々な発電所で発生する希釈形態のアッシュスラリーを処分するために従来から使用されている方法であり、依然として需要があります。MacawberBeekay社は、廃棄用の遠心スラリーポンプと、スラリー池からの灰分回収用のクラリフロキュレーター(清澄化器)/チューブセトラ(傾斜管沈殿池)とを含む一連のシステムを提供しています。

  • 水平アッシュスラリー処理ポンプのストリームは、第1段ポンプ用の駆動、可変速度油圧カップリング、および後続段用の固定ベルト駆動装置で構成されています。スラリーの処理能力とポンプの揚水距離に応じて、ストリームの数とポンプの段数が決まります。
  • スラリーポンプからのアッシュスラリー輸送パイプは、ガーランド式堤防を含むアッシュダイクまで配置されます。
  • アッシュスラリー輸送ポンプの吸入および排出時のバルブ。
  • インテークバルブ、ACIライナー、ジェットノズルなどが装備されたアッシュスラリーサンプタンク。
  • 配管、バルブ、継手付き排水ポンプ。

高濃度スラリー廃棄(HCSD)システム

従来のリーンスラリー処理システムおよびアッシュウォーター回収システムは、水の浪費/汚染の増加、地下水汚染、潜在的な灰池崩壊の脅威、灰池に必要な広大な土地、灰池建設のための高コストおよび高電力消費増などを理由とする制約/障害を抱えていました。これらの制約を克服するために、高濃度スラリー廃棄(HCSD)システムのような新しい環境に優しいアッシュ処理技術が採用されるに至りました。当社はインドでこの種のフライアッシュとボトムアッシュの複合問題に対処するためのHCSDシステムを試運転することにより、インドにおけるこのテクノロジーの最高峰を目指すパイオニアです。


HCSDシステムは適切に設計されたアジテーターリテンションタンク[攪拌付きタンク](ART)による均質混合でバックアップされるフライアッシュとボトムアッシユ用に制御され監視される供給システムで構成されています。スラリー特性の適切な監視は、システムの成功を左右します。HCSDポンプは、高濃度のスラリーをARTから炭素鋼のパイプラインを介してアッシュ処理区域に移送します。これらの複数のポンプには、スラリーの特性に応じた容量変動式メカニズムが備わっています。デブロッキング機能は、HCSDポンプ自体または個別のウォーターポンプにも考慮されています。

HCSDシステムは約60%の高濃度で運転されるため、水の消費量は大幅に削減され、文字通り処理場では水が放出されません。アッシュスラリー処理は、傾斜廃棄コンセプトに基づいて行われ、広範な領域に広がって固化し、飛散するアッシュはほとんど残りません。

HCSD システムの主な利点

  • アッシュは層状に広がるので垂直充填が可能となり、土地の必要性が低減される。
  • より高い濃度、したがって低い水消費量でのポンピング。
  • スラリー流量が大幅に減少し、したがってパイプラインのサイズが小さくなる。
  • 言い換えれば、水が放出されないため、処理池の壁に水を保持する壁や回収システムは必要ない。
  • アッシュ処理場での浸出が減少。
  • 低消費電力。
  • 流体速度が遅くなり、パイプラインの寿命が延びる。

話さなければなりませんか。

あなたはあなたが私達に連絡したいと思うプロジェクトや協力を持っていますか、それとも私達があなたを助けることができるかについてもっと知りたいのなら、あなたからの連絡をお待ちしています。

C-450-451, Sector - 10
Noida - 201 301 (UP) India
www.mbl.in

Get Direction